アクアクララのキャップ加工

アクアクララに限らず、水の安全性を保つために重要なポイントとして「密封」があります。水であっても、外気に触れることによって次第に劣化し、状態が悪くなっていくことになります。特にウォーターサーバーで使用する場合、現在使用しているボトル以外の予備のボトルが使用する前の段階で外気に触れてしまうような状態になっているようでは安心して利用することができません。アクアクララではこの外気との遮断のために、ボトルキャップに対して特殊な加工を行っています。

アクアクララのボトルには、すべてのボトルキャップに対してシュリンクフィルム加工と言うものが行われています。シュリンクフィルム加工によって、ボトルネック部分からの水質汚染が発生しないようになっていると同時に、未開封のボトルであることがひと目で判断できるようになっています。

さらに、アクアクララの水の安全性を確認することができるポイントとして、抗菌マークの取得があります。これは、アクアクララのボトルのボトルハンドル部分の抗菌仕様について示したものです。ボトルキャップだけではなく、ハンドル部分についても高い抗菌力が使用されていることで、より安全な水の使用が可能になっています。